これが、ごく普通の小豆島の12月上旬。ここでは、見るんじゃなくて音を感じてね!

春夏秋冬の中でも哀愁のある冬の海が好きなんだ。今年も寒霞渓へ自転車で行った。これが、自分流の楽しみ方。

カメラやレコーダーを持って、ちょいと感動したものを録る。レコーディング用のヘッドフォンで聴きながら録音するんだけど、ある同行者から、「うわ〜何これ?こんな風に聴こえるの?凄い凄い・・・・これは超贅沢ね!」って言われたことがある。

2007年の音のスケッチ。