シーサイドアベニューに関わった 作家/アーティストの紹介



「シーサイドアベニュー」代表 (企画・制作・提供)

音風景作家 サウンド空間デザイナー :庵谷文博(イタニフミヒロ)

1987年、TOTO「聖なる剣」でグラミー賞を受賞したレコーディングエンジニアであるグレッグ・ラダニー氏のセミナーを受講し、音響の世界に入る。1989年、元プロサウンド誌編集長の森田文隆氏の主催する英国アビーロードスタジオ(ビートルズで有名)、リアルワールド(音楽業界に革新的な発想を与えたピーター・ガブリエルのスタジオ)などのレコーディングとPAの視察研修を終え、後に同氏の開発したDCS(THXの仕組みをさらにデジタル制御できる)に参加。

1991年、大阪有線企画楽曲コンテストで全国リクエスト15位になったことから音楽制作事務所を設立。CMソング、MA、ラジオ番組などの制作とイベントの音響を営む。

1995年、映像付きインカムシステムの発明などマルチメディアの開発に携わる。

1997年、故郷の町長から相談を受け、ベッセルおおち大ホールにDCSを導入。その施設が世界最高峰であることからルーカスフィルムのアカデミー音響編集賞、録音賞受賞者、視覚効果賞受賞者(ILM)が来日。若い人へ向けて「サマースクール」と題し映画の作り方セミナーを1997年〜1999年までの夏に開催し、そのスタッフとしてオペレーションを担当。

2016年、鎌倉に拠点を置き、アンビソニックスの録音などオンリーワンの音場を制作。

2018年2月には、草月会館にて音のインスタレーションを行い音楽業界の重鎮から評価を得る。2018年4月より鎌倉FMにて番組「シーサイドアベニュー」をオンエアしている。

2019年、 世界的なアーティストがお越しになるなど作風が注目される。

2021年、音を観光資源に!と題し企画制作。三好市観光課、三好市観光協会、池田高校とで聴覚で市をアピールする事業をスタート。「三好の音」講師を務める。

2022年5月、土取利行氏のサヌカイト演奏のレコーディング担当。その手法は禅そのもの。

小数点が延々と続く円周率などのようにイマーシブオーディオ(立体音響・没入型サラウンド)の多チャンネル化は留まることがない。しかし、この新技術は時代と共に次の技術に入れ替わってしまい過去の遺物となってしまう。時代を超えて必要なのだろうか?そこで、不変である「点」モノラル「線」ステレオの2次元の基本は重要である。そこに禅の「無」がヒントになる。

私の独自性は、7cmの帯に1cmの印をつけて、その両端をくっつけると一瞬で割り切れるという発想。 今回は、この発想を使うことにした。現代社会の機械的な理論に執着しなくて幸いだった。メーカーなど決められた枠の中では、その上を行くことはできず独創性も失われる。今こそ利権の枠から脱却して自由に!


【音風景】 湘南の音日記 日本の音風景 Sounds of Nature Shikoku Island Japan

【音響】芸術 ・ワイキス(エジンバラ・フェスティバル最優秀バンド賞受賞)
【ライブレコーディング】トレンド DEEN (2017収録)
【音響】トレンド
・ささきいさお・庄野真代・D-51・日浦孝則・SON四朗・ソノダバンド・上松美香・加藤登紀子・高橋孝 ・長間たかを・木乃下真市・喜納啓子・石川さゆり他
【オンライン】・総務省:ICT未来フェスタinかがわ4会場ライブ中継・サンポート〜NYライブ2006 他。

【社会貢献】NPO法人SONAEーNET 主宰副理事 2007年内閣府、目を見張る団体として掲載され、全国の地自治体で防災と防犯を一体とする対策を企画、指導。DVD「How to SASUMATA」を企画、制作、技術開発、指導監修。ポリスチャンネルより紹介される。

【連絡先】  info@seaside-avenue.net









(C)2018 Seaside Avenue allright reserved